•台湾歴史博物館 提供

この百年余りの間、台湾と日本は、地理的に近いことと複雑な歴史を背景にして、空間的にも時間的にも交差し合い、深い絆を結んできた。植民地統治の観点からすると、日本政府は高圧的に台湾を傷つけてきた。政治体制の管理以外では、両国の優秀な政治エリートや知識層たちは、時代思潮の流れに沿って思想的に対立して争うこともあれば、抵抗し合って、それを受け入れることもあった。そして、人々の日常生活に根ざした文化的な要素、例えば言語や風習、衣食住、流行、娯楽などがどのように影響し合い、長い歳月を経て洗練され薫陶されていくことで、それがいかにして人々の人生の記憶および成長の経験の一部分になっていったのかを見ることが、台日交流を考える際の原点にはある。「見てみる」と「考えてみるる」というエリアの後に、最後の「恋してみる」というエリアでは、感性と人情の面から見て、両国の日常生活での触れ合いや気持ちが解け合っていくことに注目して、台日の文化交流がどのように両国の社会の奥深くまで浸透していったのか、またどのように生活の場に刻み込まれていったのかを見ていきたい。文学作品やオーディオ・ヴィジュアル・メディア、旅行や踏査、郷土調査などをとおして、波動の時代に両国の人々が歩んできた軌跡と、その軌跡に沿った綺麗な風景をご覧ください。

今日まで、日常生活では、固有名詞や空間秩序に至るまで私達が気付かないだけでも日本植民地時代から植え付けられてきた様々な生活習慣があった。例を挙げてみると、料理の際に味付けに用いる「味の素」や、子供の頃に大好きだった「森永キャラメル」、熱狂的な「野球鑑賞」、暇な時に興じた「麻雀」、「レコード鑑賞」、異国情緒に溢れる「コーヒー」、「洋食」などがそうであった。そして同じように、飲食店の台湾料理や喫茶店の台湾茶なども日本人に舌鼓を打たせた。戦後になると、アニメやコスプレ、ファッション、バラエティ、J−POP などをとおした文化交流も始まった。台日間の交流を表現するために、本コーナーは「日常的な風景、生活の内実」と「ファッション、メディアの記憶」という二つに分かれている。前者は素朴な日常風景のことであり、後者は眩い文化のファッションショーのことである。こういったものをとおして、文化の触れ合いやその影響が、どのようにして知らない間に共同体に植え込まれて生活スタイルに定着したのかがわかる。

•台湾歴史博物館 提供
日常的な風景、生活の内実

1895 年、日本人が台湾にやって来たことで、50 年間にも及ぶ植民地支配が始まると同時に、真新しい社会風潮と文化的な雰囲気がもたらされた。政治的転換や思想・意識の啓蒙だけでなく、現代的な都市化や曜日制の導入、交通機関の進歩をとおして、台湾社会に巨大な影響が与えられ、衣食住の習慣は変わり、近代的な時間という概念が確立されたのだった。生活パターンの変化だけでなく、建築様式や娯楽、大衆文化なども新たにされた。当時の知識層の若者の日記や新聞、広告などの新興メディアなどをとおして庶民の世相を浮かび上がらせることができる。これらを新たに振り返ってみると、いくら時代が変わっても、「ローカル化」された日本文化の痕跡は私達の周囲に散らばっており、台湾と日本の触れ合いの物語を静かに語っていることがわかる。

•台湾歴史博物館 提供
ファッション、メディアの記憶

1990 年代初頭に入り、『東京エレベーターガール』というドラマが台湾の日本ドラマ市場を開拓したが、その十数年後には、日本のマンガ『花より男子』が台湾でドラマ化されたものが日本に「逆輸入」され、中国語ブームに火を付けた。しかし、1970 年代にはすでに台湾人の欧陽菲菲やテレサ・テンが芸能活動を行っていたのだった。さらに遡ってみると、台湾で大流行した「黄昏的故郷」のオリジナル曲は日本の歌「赤い夕陽の故郷」であり、「孤女的願望」は日本の歌「花笠道中」からリメイクされたものだった。ポップ・カルチャーは大人の世界だけでなく、異空間からタイムマシンでやってきた『ドラえもん』(台湾では「機器貓小叮噹」や「多啦A 夢」と翻訳される)や大人気の萌えキャラクター「Hello Kitty」なども台湾人の子供の成長には欠かせなかった。

ファッションアイコンが溢れる音・映像メディアの世界では、台湾と日本の間でこのように複雑かつバラエティに富むポップ・カルチャーが触れ合い、頻繁にそして緊密に交流しあっていたことがわかる。

•台湾歴史博物館 提供