•台湾歴史博物館 提供

地球上で最大の大陸(ユーラシア大陸)と最大の海洋(太平洋)が接する場所に、神秘的な島国が二つある。北にある島は四季がはっきりしていて、富士山を最高峰とする日本であり、南にある島は気候が暖かく、玉山を最高峰とする台湾である。両国の間では、東シナ海を挟んで、文字での記録よりずっと昔から様々な交流があった。文字で記録が残された最古の文書によれば、少なくとも四百年前から、両国は文字をとおしてお互いを描写し合い、各時期に色々な形式で様々な内容の記録が残された。日本人は台湾の漢民族と原住民について、そして台湾人は日本からやってきた官僚や百姓について、それぞれ異なった記録をしている。異民族の記録はまるで鏡に映されたイメージであるかのように、台日は相手の書き写しをとおして己のアイデンティティを認識し、自分自身の特質を理解し、またそれぞれ各自で想像したのである。しかし、こういった記録も時には歪曲されたり、異なったものとして表現されたりすることがある。このエリアには、文学者によって創作された詩や歌、小説もあれば、船長や政治家・人類学者らによって書かれた随筆の作品もある。真実のものから虚構のものまで、内容は賞賛、風刺また恋愛、感傷的なものなど多岐にわたって網羅されている。

日本人と台湾人の間での接触はオランダ、スペインの統治時代前に遡ることができる。例えば1593年、豊臣秀吉が使節を台湾に派遣し、原住民を服従させようとしたが、有名な「豊太閤の新山国勧降状」だけを残し、台湾の原住民についての記録は一切行われなかった。また、清国統治時代には、北海道の船長が台湾の東部に漂着し、文字だけでなく挿絵も付された記録が残された。台湾出兵(牡丹社事件)の前後も、軍人や従軍記者らによって書き記されたテクストがある。そして当然のように、日本統治時代に入ると、さまざまな階級の官僚が台湾で就任し、さまざまな職業の庶民も台湾にやってきた。そのほかにも、日本帝国が新たに領土に治めた植民地には、多くの日本人が短い旅行をしに来た。このように、日本人によって書き記された台湾人に関する創作が相次いで発表された。異なる時期に書き記された日本人による台湾人についての記録は、着眼点をはじめとして角度や内容、評価などがそれぞれ異なっていた。ここからは各時期の日本人によって書き記された台湾原住民、漢民族に関するテクストを展示する。

•台湾歴史博物館 提供
南島の風景

このエリアでは、それぞれ船長や官僚、軍医、漢文学者、人類学者によって書き記されたテクストが展示されている。これらは台湾の原住民の素朴で勇ましく、力強いイメージが表現されている随筆や古典詩である。このコーナーでは最も早く創作された『享和三年癸亥漂流臺灣チョプラン島之記』を展示している。1803 年、北海道の函館から出航した「順吉丸」という商船が、嵐に遭遇し、台湾の東岸にあるチョプラン島(今の花蓮秀姑巒溪口付近)に漂着した。船長の文助は現地で四年間暮らした後に再び帰郷し、秦貞廉によって文助の口述が聞き取られ、書き写され、挿絵まで付された。このほかに展示されているものも、原住民の衣食住、歌謡、風習について描写されたものであり、これらの作品をとおして当時の日本人が台湾の原住民についてどのように認識していたのか、また原住民の様々な生活ぶりについて覗いてみよう。

•台湾歴史博物館 提供
「奇特なる本島人」?

台湾の漢民族は、日本統治時代の文献では「土人」や「本島人」と呼ばれており、言葉としては主に台湾語や客家語を話していた。その中には、すでに漢化されていた平埔族の人々もいた。台湾と日本は同じように漢字文化圏に属するため、日本人は筆談で漢民族とコミュニケーションができた。しかし日本人は台湾の風習との違いに驚嘆し、『台湾日日新報』には度々「奇特なる本島人」というタイトルの記事が掲載された。海を渡って台湾にやってきた漢文詩人も、台湾の人々の風習をテーマに詩を詠っていた。そのほかには、台湾の婦人がお風呂を嫌っていることを面白がって詳しく記事を書いたり、小説でも様々な登場人物をとおして台湾人を描写していた。各テクストは台湾の漢民族社会における男女間の礼儀作法や、日本人とは異なる生活習慣など様々なテーマで描かれていた。

•台湾歴史博物館 提供
引き上げ後の余韻

多くの在台日本人は、戦後、相次いで日本に引き揚げて帰郷したが、その記憶をたどって台湾人とその土地に対する感情や、台湾で暮らした時の生活経験を書き記した優秀な作品がある。このコーナーでは日影丈吉「消えた家」や大鹿卓「野蛮人」、坂口䙥子「番婦ロポウの話」といった短編小説が展示されている。そのほかには、湖島克弘の長編小説『阿片試食官』と芹田騎郎の絵本『ユーカリの林で』などがある。日本の作家たちは終戦前、当時の軍国主義体制下における言論統制によって自由に書けなかったが、終戦後、国民主権の政治体制に変ったことによって、これまでの台湾の統治に対する反省も含め、いままでよりももっと様々な角度から台湾の原住民と漢民族を表現したり評価したりするようになったのである。

•たていし てつおみ 提供

展示会

Exhibition